この記事は、そのコンテンツでケーブル インピーダンスを明確にします。 ケーブル インピーダンスに興味がある場合は、Mississippi Literacy Associationに行って、この【高周波・無線】13分で理解できる!インピーダンスマッチングの基本 #75の記事でケーブル インピーダンスを分析しましょう。

【高周波・無線】13分で理解できる!インピーダンスマッチングの基本 #75のケーブル インピーダンスに関連する一般情報が更新されました

下のビデオを今すぐ見る

SEE ALSO  電波暗箱を自作してノイズ対策をしてみた|テクトロニクス|実験室|APS | 関連するすべての情報電波 暗室 自作が最高です

このWebサイトMississippi Literacy Associationは、ケーブル インピーダンス以外の情報を更新できます。 msliteracy.orgページで、ユーザー向けに新しい正確な情報を継続的に公開します、 あなたに最高の価値をもたらすことを願っています。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上の情報をキャプチャできます。

トピックに関連する情報ケーブル インピーダンス

インピーダンス整合の概要と整合方法について説明します。 0:00 オープニング 0:58 インピーダンス 2:29 反射係数 4:39 高速デジタル信号 8:34 RF信号 11:00 まとめ ▼ブログ「EMC村の人」 ▼関連記事 インピーダンス整合とは? :iNarte EMC技師 1級陸上無線技士 ご挨拶:「昔の自分に伝えたい」という思いで、電子技術者に役立つ情報を丁寧に解説していきます。 ▼SNS Twitter:▼Music Walk by ikson:Audio Libraryがプロモートする音楽

SEE ALSO  【大学物理】力学入門⑤(極座標における運動)【力学】 | 極座標 ベクトルのベストに関するコンテンツをカバーします

ケーブル インピーダンスに関する情報に関連する写真

【高周波・無線】13分で理解できる!インピーダンスマッチングの基本 #75
【高周波・無線】13分で理解できる!インピーダンスマッチングの基本 #75

あなたが見ている【高周波・無線】13分で理解できる!インピーダンスマッチングの基本 #75に関するニュースを見つけることに加えて、msliteracy.orgが継続的に下に公開する詳細情報を見つけることができます。

新しい情報を表示するにはここをクリック

ケーブル インピーダンスに関連するキーワード

#高周波無線13分で理解できるインピーダンスマッチングの基本。

EMC,エンジニア,高周波,無線,Engineer,Radio wave,電磁波,ノイズ,電磁波ノイズ,ノイズ対策,エレクトロニクス。

【高周波・無線】13分で理解できる!インピーダンスマッチングの基本 #75。

ケーブル インピーダンス。

ケーブル インピーダンスの内容により、MississippiLiteracyAssociationが提供することを願っています。これがあなたにとって有用であることを期待して、より新しい情報と知識を持っていることを願っています。。 MississippiLiteracyAssociationのケーブル インピーダンスに関する情報を見てくれたことに心から感謝します。

SEE ALSO  【使用歴2年!】漆原の物理のReview | すべての知識は漆原 物理 面白い ほど 偏差 値に関する最も詳細なものです

11 thoughts on “【高周波・無線】13分で理解できる!インピーダンスマッチングの基本 #75 | 最も詳細なケーブル インピーダンスに関連する情報をカバーする

  1. しのだもも says:

    非常に分かりやすい動画、ありがとうございます!
    1点ご教授いただけますと幸いです。

    インピーダンス33Ωの機器①と、インピーダンスHigh-zの機器②を、機器①から出力するトリガ信号で同期する場合、機器①②についてインピーダンスマッチングする方法としては、

    1. 機器①の直後に機器②のインピーダンスと合致するまでインピーダンスを上げる何かしらの装置を付ける
    2. 機器②の直前に機器①のインピーダンスと合致するまでインピーダンスを減衰させるアッテネーターなどの機器を付ける

    の2つになるでしょうか・・?

    よろしくお願いいたします。

  2. mootronic says:

    エンジャー様、

    大変わかりやすいお話ありがとうございます。
    一点ご教示ください。

    500kHzの程度の周波数に対してもインピーダンスマッチングをしないと反射が起きてしまうものでしょうか?
    MHz以下は集中定数回路で考えればいいと思っていたのですが、実際に設計する場合は反射波の要素等は考えるべきでしょうか?

    まずは反射波の有無をオシロスコープ等で確認するのがいいでしょうか?

  3. ryokkei says:

    なんとなく挿入していたダンピング抵抗の意味がわかり、大変わかりやすかったです。
    高速デジタル信号において、ドライバとレシーバのいずれかしか考えないのはなぜなのか疑問に思いました。確か消費電力で考える場合は GND までの一連の経路を考えたはずなのですが。
    引き続き勉強したいと思います。

  4. シューちゃん says:

    倍電流整流回路のインピーダンスマッチングについて質問があります。
    1回目にインピーダンスマッチングを行い、整合回路を付けます。
    その後に、もう一度インピーダンスを測定してマッチングを行うと1回目より50Ωに近づくのですが、なぜなのでしょうか?

  5. Scibatini says:

    Zl=Z₀のときΓ=0は理解できますが、Γ=1となる条件はどうなるのでしょう?

  6. hi ma says:

    電子回路は素人です。質問なのですが計装工事の現場でRS-485のような通信方式には必ず終端抵抗の設定DIP-SWがあり、最後のユニットは必ず終端抵抗をONにするように説明されていたりしますが、こちらの動画でご説明されている並列終端抵抗によりインピーダンスマッチングを取り反射を抑え信号の信頼性向上を意図した物なのですか?またシグナルグランドも必ず実装されていますが、動画の画にあるような場合のグランド電位を一定にすることによる信号品質向上を意図したものなのですか?前から気になっているのですが周りの人間は知りませんので認識は合っているのか恐れ入りますがご教授いただけますか?

  7. singo suzuki says:

    入力と出力インピーダンスはどのように把握するのでしょうか?
     テスターで直接測るのでしょうか?

  8. 高橋敏弘 says:

    エンジャー様
    度々申し訳ございません。インピーダンスマッチングで以下2点をご教授頂きたく質問させて頂きます。
    ①高速デジタル信号において、出力インピーダンスと入力インピーダンスに、それぞれダンピング抵抗と負荷抵抗を入れてインピーダンスマッチングをした際、負荷抵抗側(レシーバ)で電圧降下が起きて、レシーバ側が正常に駆動しない場合もあるかと考えております。その際の対策方法についてご存知でしたらご教授頂くことは可能でしょうか?
    ②インピーダンスマッチングの対策として、「ダンピング抵抗のみ」、「負荷抵抗のみ」、「ダンピング抵抗と負荷抵抗を両方入れる」、どの対策が使用パターンとして多いのでしょうか?
    宜しくお願い致します。

  9. Nemuri Sayaka says:

    インピーダンスマッチングの意味がようやくほぼ理解出来ました。
    大変にわかりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です